フェラリアの症状とは

フィラリアに感染した蚊に刺されると、犬はフィラリアに感染します。蚊に刺されないような環境を整えるのがいいのですが、自宅の周辺まるごと整備するような話になりますので、とても無理な話です。

さらに犬は散歩が大好きなので、近所で蚊に刺される可能性が高いです。いや、必ず、蚊に刺されているはずです。今は薬がありますので、フィラリアに感染した蚊に刺されても問題ありません。

フィラリアが成虫になる前に薬で駆除すればいいだけだから。感染から1カ月以内に薬を処方すれば大丈夫です。よく理解していませんでしたが、フェラリアの薬は感染予防ではなく、感染した後の駆除薬というわけなのですか。
犬と違って、猫ではフィラリア幼虫の多くは、心臓にたどり着くことができません。猫がフィラリアに寄生されてもほとんど症状が見られない、という特徴があり、あまり問題視されない状況でした。フェラリアの症状は、咳、呼吸困難な状態、嘔吐といったものがあります。フィラリアが肺動脈に到達すると、肺動脈付近に寄生するフィラリアによって、血管や肺動脈に炎症を起こします。

死んだフィラリアに対して急激なアレルギー反応を示したり、死滅したフィラリアが肺動脈に詰まって急性の呼吸困難が引き起こされる場合には、猫が突然死する場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です